<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
花びら
桜の花びら
<< 脳の老化防止 | main | 多重花粉症 >>
セラミドの効果
0
    JUGEMテーマ:美容ニュース

    セラミドを摂ると、口から腸管へ行き、そこで吸収分解されて皮膚や各組織へ送られます。

    特に注目されているのが、水分の蒸発を防ぎ健康で瑞々しい肌をキープする働き。

    角質細胞どうしのすきまには、水のそうとセラミドを含んだ細胞間脂質の層が何層にも重なってあります。

    コレをラメラ構造といって、潤いとバリア機能を保つための大事な役割を果たしています。

    セラミドはこの構造を強くして、保湿とバリア機能を高め、最近や紫外線といった有害物質がお肌に侵入するのを防ぎます。

    また、乾癬や接触性皮膚炎の軽減にも役立つそうです。

    そのほかにも、セラミドは角質層のはがれすぎを改善する作用、抗酸化作用などがあるといわれていて、アトピー性皮膚炎の緩和、皮膚の老化予防に効果を発揮するのではないかと期待されているんです。

    美容&健康 | permalink | - | - | - | - |